--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会い方7割その後3割

2011.02.23 *Wed*
だと思うのですよ
出会い方が良かったらなんとなくその後も上手くいくことありますけど
出会い方悪いとその後ってなかなか上手くいかないような

私が経験した一番最悪な出会いは、まるで漫画のような出会いでした
私は小学校の時うさぎ当番とかいうのになってて、
とある日の朝、小屋の掃除をしていると
(小屋はかなり立派で大きな小屋だった)いきなり施錠の音
慌てて振り返ると、
全然知らない男子が鍵閉めてそっぽ向いてるじゃないですか

ムカついたけど、その時私は3年生とかで。
相手は男子でなんか体も大きくて怖そうで、
開けろこのバカ!とかいえるわけもなく、
ぼそっと開けてくださいーということしか出来ませんでした

声に気づいたのかこっちを振り返って、
開けてくれるのかと思いきやそのまま走っていっちゃったのでした

小屋に取り残されましたが、
そこは自分でいうのもなんですが短所であり長所である、
「なったものは仕方ない」精神で諦めて、
兎と遊んで時間を潰すことにしました
(そのうち時間がたてば他の子も登校してくるし)

結局しばらくして先生が助けてくれたわけですが、
その後、その男子と兄弟学級というので一緒になりました
兄弟学級というのは、
うちの場合1・3・6年生と2.4.5年生で2組に分けて、
一緒に遊んだりするちょっとしたHRみたいなもの
最悪なことにそれで一緒になってしまったのです

勿論仲良くなんかできるわけもなく、
(というかこの場合、私が仲良くする気全くなかった)
嫌で嫌で一切口を利かなかったと記憶しています

当然のように兄弟学級が終わったら縁なし。用なし。さよなら。
6年生のお兄さんに色々教えてもらうような気持ちになれないまま、
6年生=私を閉じ込めたひと と思い込んでしまいました


逆に、凄くいい出会い方もあります
私は高校時代約1時間半~45分程度かけて芸術系の学校に通っていました
その電車でいつも一緒の女の子がいて、
同じ学校同じ学年の舞台芸術科の子でした
多分科の中でも1,2を争うくらい可愛かったと思います

お人形みたいに目が大きくてぱっちりしてて、
びびるくらい子顔で、しかも化粧する可愛さじゃない!
自然の可愛い感じで、長くて超綺麗な黒髪を三つ網にして
それが腰くらいまであるんです!
もーー可愛い!抱きしめたい!って感じの女の子でした

けれどなかなか話すきっかけもなかったし、
向こうからみたら私は、
いつも窓の外見てぼーっとしてる変人だっただろうし、

でもその子があるとき声をかけてくれました
「おはよう!」
って一言。
私が男子だったらその場で告ってるくらい可愛い笑顔でした
普通、おはようの一言をこんな風にいえるひとっていないと思います

文字で書いてしまうと味気ないですが、
毎日顔合わせているけど話したことの無い変人に向かって
めっちゃさわやかにおはよう!って声かけられますか?w
私はきっと生涯無理です
なのでこのときめちゃくちゃ感動したんです

嫌味がなくって、しかもそのおはようが春の日の午後よりさわやか
私も勿論返事を返したけど、
私は緊張してしまってなかなかその後の話も上手くできなくてw
(だって本当に可愛いから!
 可愛い芸能人みたいなひとと
 不意打ち的におしゃべりしろってなったら緊張するよね)

それから2年後の春。
3年生になって卒業制作というものが始まりました
私は自分で書いた映画の脚本と、
その映画の予告版みたいなのを作ることにしたのですが、
さて、キャストをどうするか

なんせ映像芸術科には私のイメージに合う人がいなく、
(主要人物に男が2人必要なのにそもそも男の絶対数が少なすぎた)
結局、主人公の流浪人役を純和風なしぶい音楽科の男子に。
そして主要人物である法師役を美術科のこれまた渋かっこいい男子に。

そしてヒロインは欠かせませんw
最大の難関がこのヒロイン。
予告版とはいえ、どうしてもここ!!っていう場面を撮るにあたって、
演技をしてほしくて舞台科の子にお願いしようと思っていました

しかしながら…
舞台科は皆すごく可愛いんだけど、
私の作品は舞台も日本だし、設定は確か大正時代。
クラシックバレエのような華やかさや、
ジャズダンスのような妖艶さというよりも
しとやかで奥ゆかしい感じをイメージしていました

ふっと浮かんだのがあの子でした。
相変わらずロングな黒髪は殺人的に美しく、
廊下とかでも
走ってるところなんか見たことないくらいおしとやかで、
失われてしまったはずの大和撫子現代版とさえ思っていました

けれどその時、舞台科も卒業公演に向けて猛練習中。
正直スケジュールが合うのかという大きな壁もありました
(実際、映像科の人が舞台科にお願いをしても、
スケジュールが合わずなかなか上手くいってない話がいくつかあった)

私がお願いにいくと、その子はその場で即答してくれました

もち苺「・・・というのに協力して欲しいんだけど、忙しいかな?」
その子「大丈夫、がんばるね!」

と。
思った通りというと偉そうですが、
本当にその子にお願いしてよかったと思う結果になりました
クラスメイトからも先生からも、
カラメワークとかよりも先にキャスティング誉められました…w


基本、嫌いな人間とは関わりたくないものだし、
気に入らないなら放っておけばいいと私は思います
仕事となるとそうはいかないんだけども

クラスメイトの中で気が合わないなー、なんか苦手なだーと思う人に
自分からちょっかいだしていく人ってあんまりいませんよねw

もしその人に何か嫌なことされたとしても、
無視できるなら無視してスルーしたいなーと思います
だから私もウサギ小屋の男子には
兄弟学級以来何かしたことなんかありませんw

だからきっと何かあるんだ、と思うようにしています
理解に苦しむことがあったら、
まず私はきっとこの人には何か理由があるんだと
そして考えてみても考えてみても理由がないとき、
それは「あぁこの人は寂しいんだな」と思うことにしています



ぼーーっと帰りの電車の中でこんなことを考えました
私は今両親も家族も、大好きな友達や好きなひとがいて、幸せです
振り返ってみても、総合して不幸だったとは全く思わないし、
今を幸せと思うことがとっても大切なのをやっと理解できてきました

嫌なことだって一杯あったし、楽しいことも一杯あったけど
とにかく私は今自分を幸せで恵まれていると思っています
だから一人で寂しいひとの気持ちがわからない
寂しくてしてしまう行動が分からなくて、理解できない

仕事の打ち合わせで面倒な人がきて、
打ち合わせ終わって飯いこうとか言い出しても
本当に嫌なときは行きません
相手がどれだけ偉くても多分いきません
でも行ったら1億の仕事がもらえるとかなら…ww

でもそれが一個ずつ、もしかしたら一気に、なくなってしまって、
誰もいなくなってしまったとき
私に部下がいたら部下を無理矢理飲みに誘っちゃったり、
嫌がっているのに権力にまかせてどこかに誘ったりするのかな

寂しくて一人でいたくなくてそういうことをしてしまうかもしれません
もしかしたらもっともっと悪いことをしてしまうかもしれない

寂しいと人のことを考える余裕がなくなると思います
悲しかったり、辛かったりすると、
自分のことで一杯で自分が満たされることを最優先してしまって、
それが更に孤独を呼ぶのに、
何も見えないし分からなくなってしまう気がします

でも人が常に満たされているわけなんかないし、
私は今幸せだと思えているけれど、
辛くて死にたいと思う日だってあったし、
これからそれ以上に思う日がきっと来るはず
それは失恋かもしれないし、誰かの死かもしれない、
私の仕事がなくなって路頭に迷うことかもしれない

何かは分からないけど、
その日をどうやって迎えるのかを考えて覚悟して
死ぬほど辛いときになんで死ななかったのかを考えたいと思いました

死っていうのは覚悟なしに迎えるのはきっついと思うんです
苦しみながら死ぬとしても、
突然目の前に車が迫ってくるにしても、
自分なりに受け入れるってこと大切だと思うんです

逃れられるものからは逃れればいいけど、
逃れられないものなんだから受け入れるしかない
あとはその気持ち

死に年も性別も関係ない
いつ訪れてもおかしくないんだから、だから焦る

死とかについて話始めると
後で読んだときまさに死にたくなるのでさすがに自重します
でも、私の中で誇れる死に方って死を受け入れて死ぬことです

死んだ後も世界が回る不思議
同じ日常が続く不思議
そして悲しみにくれる日には終わりがある不思議



あうあうあー 
こういうのって吐き出して書いたはいいけど、
冷静になって今読み返すと笑えるw

いつもはこういう意味不明でだらだら長いのは全部消してるんですが
戒めに公開してみます
こういうのだって読んで恥ずかしいと思う日と、笑える日と、
それも私だったんだって受け入れられる日がくるかもしれないし


あほくさー!w
明日はMerchen聞きながら作業しよう!
それからココアのクッキー作るんだ!




ここまで読んだあなたもちょっと変人ですぜ(*´艸`*)
スポンサーサイト
| 未分類 |

COMMENT

No title
私は頭の中ではイロイロと感じること&思いがあるんだけど どうも、言葉に出すとか気持ちを上手く表現するのが苦手><;

こんな風に上手く言える、伝えられるのはスゴイなー と思いながらいつも読んでます( *´艸`)

このブログを読んで 言い表せられないけど とても感じることがありました。。。

『死んだ後も世界が回る不思議
 同じ日常が続く不思議
 そして悲しみにくれる日には終わりがある不思議』
特にココかな・・・w

なんだか うるっ とした私は・・・・情緒不安定??w
2011/02/25(金) 13:48:53 | URL | おけい #- [Edit
No title
コメントありがとうございます!

気持ちを声に出すって難しいよね。
おけいちゃんとは違うかもしれないけど、
私も躊躇うことが凄く多くて自分の中ですりゴマみたいに潰して、飲み込んじゃったり!

でも私はそんなおけいちゃんもステキだなと思うし、大好きだよー(*´艸`*)

おけいちゃんもご存知soundhorizonの曲の中で
私が一番好きなYieldという曲の中にこんな一文が
「重要となるのは個の性質ではなく、ただ記号としての数量」
曲の解釈とは少し違うけど、例えば、2-1と1000000-1。
どっちも同じ-1なのに……-1なのに……w

そういうことを考えてしまうと長く長くなっちゃうよね;
なんとなく気持ちは分かるかもしれない><
2011/02/25(金) 22:34:58 | URL | もち苺 #CBGiEf.2 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

もち苺

Author:もち苺
現代の「いとをかし」探しを
モットーに毎日の記憶帳を
作っていくのが目的

■ 川越いとお菓子
■ My grandpa!
■ ROHAN関係者の方へ

■■ 活動 ■■
【ROHAN】もち苺




最新記事



Twitter



最新コメント



カテゴリ

未分類 (11)
枕草子 (180)
ROHAN (12)
川越いとお菓子 (33)
Leaf and flower (7)



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © もち苺枕草子 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM
Copyright 2011 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright 2005-2011 R.O.H.A.N by YNK GAMES Inc. All Rights Reserved.
 ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。