--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理学もこうなれば面白い

2011.04.18 *Mon*
どうも、嵐が5人メンバーだったことを昨日知りました
ずっと4人だと思ってた・・・w

久しぶりに本の紹介でもしてみようと思います
といっても最新の話題のものとかではないですが

0417001.jpg
紹介したいのは
岸田秀というひとの「ものぐさ精神分析」という本です

まずこの本目次をみると大きく2つに分かれています
「歴史について」と「性について」です
私が特にオススメしたいのは「歴史について」の部分です
性についても非常に斬新で
ドキっとさせられてしまうような部分が書かれているので
性についての方も読んで欲しい!と思いますが、
どちらかというと「歴史について」です

日本国民は精神分裂病的である(本文より抜粋)
この結論から始まるこの本は、
日本が辿ってきた歴史を人に模して分析していきます

中身をまんま書き出してしまうと、
あっちもこっちもひっぱってこないといけなくなってしまうので、
(部分抜粋をしても伝わりにくいと思うので)
それは控えておきます

たとえ話に置き換えますが、ROHANのタウンを例に出してみます(*´艸`*)

いつかのタウン、確かシメクでVipさんはぶっちぎりTOP。
それをNemesisが頑張って追いつこうとするものの
とても追いつけないという状態でした
人数差も個々の強さも、職バランスも動きも圧倒的に向こうが上でした
(その時指揮は私がしてました
毎日WBも観戦したりしていたので当時のことは自信持っていえますが、
棚ボタ確率でさえほぼない、という状態だったといえます)

またその時はタウン中に他の地域への移動も出来たので、
エリアを変えるという選択肢もあります

さてこんな時どうしますか?
あなたは指揮をとっています、
このままシメクで最後まで頑張るか・場所移動してみるか
Gメンの気持ちなどを考えるとややこしくなるのですが、
一応ここでは考慮してみましょう
地域を変える(言い換えれば逃げると思われる)のが嫌なひと、
絶対に勝てないと嫌でも分かるVIPさん相手をやめたいと思うひと。

他の地域にどんなGがいるのかで判断は異なってくるとおもいますが、
お好きに想像してもらってかまいません

きっと色々考えた末、
完全正解はないかも、、と思うのではないでしょうか
どんな決断をしようと指揮官やもしくはGMが下した決断は、
常にその場は正当化されるべきもの
(マキャアヴェッリって偉大だ…)

VIPさんと戦い続けることを「戦争」
エリアを変えることを「戦争回避」とすると少しずつ見えてきます

戦前の日本の状態に於いては四方八方どころでない、
八方十六方といっても過言でない方面から様々な解釈がされています
この点については、
あっちではこう言って、こっちはこういわれているというのが
現在本やテレビから導ける現状ではないでしょうか

逃げることは悔しいこと、かっこ悪いこと、
相手にへつらうくらいなら、堂々と勝負をしよう!
たがたがゲームの中でさえこう思うことは多いかもしれません

何かで「逃げではない、計画的撤退だ!」というのがありましたが、
真意はどうかはさておき、結局どう受け取るかの問題でもあります

タウンでも、勝てない相手がきたら「回避」指示が出ますよね
回避が遅れればそれだけこっちがやられてしまうから、
最悪遅れてしまっている人を見捨てることだって大切です
(遅れないようにまとまることが一番ですが)

日本が結局アメリカ相手に戦争を始め、
ごく一部でしか勝利出来ていないにも関わらず一向に白旗をあげず
日本では英雄視される神風特攻隊などの作戦も、
無謀でまさに「精神的病に冒された人間の行動」と書かれています

国の為に戦った兵士という表現もこれまた微妙なところがあり、
国の為に、というのがはたしてどういうものなのか
精神病的、心理学的観点から切り込まれているのが
この本の言う「歴史」の大部分です

一般的に感じる「逃げ=かっこわるい」もまた精神病の一旦
日本が壊滅的な被害を受けることになり、
とんでもない数の死者をだしてしまった原因でもある。

また、やられたことを対象を変えてやりかえす。
いじめの現場でよく見られますが、
いじめられっこが、他の子をいじめるというケースのことです
日本がこれまで行ったことを見直してみると
なるほどまさにそうともいえるかもしれません。

やられた=相手が強い=やり返せない
じゃあ弱い相手にやってやる=相手はやり返せない…

考えると頭が痛くなってきますねw
しかも話が少しそれてしまいましたw

まーた何も考えずだらだら書いたので長くなりましたが
フロイトの理論を機軸に、日本を精神患者として見るという斬新さ
この人は日本人なのだろうか、と思ってしまうほどの辛辣さもあり、
文章もとても読みやすかったです

こんな風に書いたらかえって読んでもらえなくなるのにねww
ここまで読めた勇者なあなたには是非オススメします
きっとどこにでもあるよ(と思いますw)

正直ROHANの話全然いらなかった件
推敲とかめんどいので放置放置!!
スポンサーサイト
| 枕草子 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

もち苺

Author:もち苺
現代の「いとをかし」探しを
モットーに毎日の記憶帳を
作っていくのが目的

■ 川越いとお菓子
■ My grandpa!
■ ROHAN関係者の方へ

■■ 活動 ■■
【ROHAN】もち苺




最新記事



Twitter



最新コメント



カテゴリ

未分類 (11)
枕草子 (180)
ROHAN (12)
川越いとお菓子 (33)
Leaf and flower (7)



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © もち苺枕草子 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM
Copyright 2011 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright 2005-2011 R.O.H.A.N by YNK GAMES Inc. All Rights Reserved.
 ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。